査定額=売却額ではない!

砂時計土地売却前に注意しておかなければならないことは、必ずしも査定額が売却額と一致するとは限らないということです。査定額はあくまで売れると見込んだ金額であり、現実にその価格で売れるとは限りません。たとえば1000万円の査定額を提示した不動産会社と契約し、売りに出したものの買い手がつかず、結局売るために大幅な値下げをする羽目になったという話もあります。売却額は取引した金額を意味しているので、査定額との間に差が生れることも少なくないのです。

ここで問題になるのが、時間の経過についてです。土地の価格は時間が経過するのと共に変化することになります。先の例で取り上げた土地が、時間をかけて買い手を探して結局800万円で売れたとします。しかし、もしも他の不動産会社に査定をしてもらっていたら、もっと早くに900万円で売れていたかもしれないとすると、そこには100万円もの差が発生することになりますので、問題が発生してしまいます。もちろんこれは仮の話ではありますが、現実に同じようなケースは発生していますので、不動産会社の言うことを過信してはいけません。査定額を売却額と同じものと考えてしまうと、このように損をしてしまうこともあるため、査定の正確さは確認しておかなければならないのです。