土地売却前には査定が必須!

¥マーク土地売却を考える際には、やはり「いくらで売れるか」という点が気になるものです。土地の売買では一千万円単位のお金が動くことになり、人生を左右するような大金が動くからこそ慎重になるのは当然です。土地売却は土地の価格を査定することから始まりますが、これはどの程度の収益が見込めるのかという判断のために必要となります。土地価格の査定は、主に不動産会社が行うことになり、そのまま売りに出すという流れが一般的です。不動産会社を通して土地の売買を行うと、手数料として不動産会社がいくらか受け取ることができ、不動産会社の従業員は宅建士の資格を持っていなければならないという制約がかけられています。個人でも宅建士の資格を持っていれば土地の売買はできますが、都合良く資格を持っている人はそうそういません。そのため、土地売却の際にはまず不動産会社に相談するという流れが一般的になっているのです。

資格という制限がかけられているにも関わらず、しかしながら不動産会社の中には悪徳な方法を用いる会社も少なくありません。商品のラインナップを充実させるために、査定額を大幅に高値に設定しておき、契約だけ済ませてしまうといった方法が用いられることもあります。不動産会社の営業マンがノルマを達成するために、こういった方法が採られていることもあります。したがって、土地売却を希望する人は、査定額が妥当であるか否かを判断しなければなりません。